未分類子供とか家族の話映像・音楽車・バイク2ちゃんコピペなどお出かけ・外食おもちゃ・TVゲームボードゲーム・TCG趣味とか自分の事パソコン仕事メモ水泳子供の課題など家庭菜園生き物東日本大震災家のこと
なんてたってさいたま
先日ボードゲーム情報誌『アメージングテーブルゲーム』2号の付録『なんてっ たってさいたま』をやってみた。
※画像は元ゲーム「なんてったてホノルル」日本発売元のホビージャパンより転載

おれ、高校生、大学生、若年社会人2人の5人でプレイ。
所要時間は20~30分くらいかな。
簡単に言うなら地名の位置当てゲーム。

結果、、、めちゃくちゃおもしれぇ!!!!!!
ゲーム自体はこんなかんじ。

地名の書かれたカードと得点用のトークン(分かれば何でもいい)を用意し、地名カードで山札を作ったらゲームスタート。

スタート地点に置かれた地名(たとえば『仙台』としよう)に対し、手番のプレーヤーは山札から一枚取り、そこに書かれた地名と場に出てる地名の位置(東西南北)を比較し、その地名カードに対し東西方向か南北方向のどちらかに置く。

他のプレーヤーは手番プレーヤーが置いた地名の場所が正しいかどうか順番にジャッジしていく。
間違ってると思ったら指摘し、手番プレーヤーが置いたカードと隣り合った一枚を裏返す。

裏には地名の緯度経度が書かれているので、それを見て判定する。
正解かどうかで得点が動く。
ジャッジを実行したか、全員がジャッジせずを選択したら次の手番の人に移る。

これを繰り返し、山札が無くなったら終了。



非常にシンプル。そして結構知ってるようで知らない日本の地名。
知らない地名をさも知ってるようなブラフで置いたり、みんなでジャッジの時間を楽しんだりとかなり盛り上がった。

これも非常に敷居が低いパーティーゲームの良作だと思ったので、ちょっとした集まりの時には持参しようと思う。

そいえばこれは「なんてったってホノルル」というゲームの簡易版なんで、詳細を調べるときは「なんてったってホノルル」で検索してみてください。






これの得点トークンをバイダイから出た「3億円」使ったら楽しいんじゃないか?
いやしかし、3億円自体が2000円するから、本編の~ホノルル買えんじゃね?
Secret

TrackBackURL
→http://datenote.blog75.fc2.com/tb.php/998-5172e23e